N-VANのリコール。CVTの制御プログラムの不具合の点検に行ってきた

ホンダのリコール

12月2日。N-VANのCVTミッションの制御プログラムの不具合のリコールが届けだされました。

そのことを知ったのはフォロワーさんのTwitterのリツイート。すぐにホンダのリコール情報を開き確認したところ自分のN-VANは対象車でした。今まで販売されたN-VANのCVTはほぼ対象車ですね。

N-VANのCVTミッションの制御プログラムのリコール

ダイレクトメール等で連絡と書かれていましたが、ダイレクトメールより先に購入したディーラーの営業の方から電話がかかってきて詳しく説明があり、できるだけ早めに空いている日に予約を取りました。

翌日にDMが届く

ダイレクトメール

ディーラーから電話があった次の日にDMが届きました。

ホンダのリコール

電話で説明は受けましたが、もう一度DMを読み直して確認。CTVミッションの制御プログラムに不具合があり、CVTのベルトが破損する恐れがあるので金属ベルトの破損が無いかの確認、破損が無ければ対策プログラムに書き換え。

N-VANのリコールのDM

作業時間は異常がなかった場合の作業時間は約1時間50分。異常があればそのままお預け・・・。自分のN-VANはどうかな~と思いつつ点検日を待つ。

リコールの点検、破損が無かったので対策プログラムへの更新

予約していた時間に到着。すぐに作業を始めてもらいました。作業時間は約1時間50分と書かれていたので本を持参。

待つこと1時間10分くらい。予定より作業が終了しました。点検結果は金属片や明らかにおかしい鉄粉などはないとのことで破損は無し。CVTミッションの制御プログラムを対策プログラムへの書き換えで終わりました。

故障検知プログラムの追加。今後、同一原因の不具合と診断された場合は無償にてミッションを交換

対策プログラムへの書き換えで故障検知プログラムが追加されたそうです。対策プログラムに書き換え後に「リコール対策後」トランスミッション警告表示が表示された場合はすぐに連絡をくださいとのこと。

同一原因の不具合と診断された場合は無償で修理にてミッションを交換するそうです。とりあえずこれで一安心かな??